みみミュージック代表
岡本潤也
 
(ヴァイオリン・ヴィオラ)→レッスン料はこちら

国立音楽大学卒業。
ヴァイオリンを故・星はるみ、ヴィオラを中塚良昭、渡部啓三の各氏に師事。スイス・シオンの夏期セミナーで今井信子に師事。大学在学中にけいはんな世界音楽学校フェスティバルに首席奏者として参加。大学卒業後、三年間の広告代理店勤務を経て「みみミュージック(現、流山市南流山)」を開設。ソリストとして野田市民室内管弦楽団とモーツァルトの協奏交響曲を共演。又、茨城県民文化センター祝祭管弦楽団や流山フィルハーモニー等で首席奏者を務める。現在、みみミュージック代表、野田市民室内管弦楽団顧問。趣味は家族(妻と娘)と出掛ける一時。




瓜生 愛 (ヴァイオリン)→レッスン料はこちら

国立音楽大学卒業。
5歳よりヴァイオリンを始める。故・星はるみ、故・伊達良、大関博明の各氏に師事。在学中にスイス・アローザでの夏期セミナーを3度受講。卒業後は後進の育成に力を注ぐと共に、松戸シティフィルのコンサートマスターを長く務める。近年は有志によるオーケストラや室内楽演奏会に出演し、研鑽を積んでいる。



岩本和子 (ヴァイオリン)→レッスン料はこちら

東京音楽大学及び同大学院修了。
ヴァイオリンを大谷康子、中島郁子、植田しづかの各氏に、室内楽を浦川宜也、苅田雅治の各氏に師事。在学中より国内やドイツ各地のマスタークラスをソロ、室内楽、オーケストラ各分野で受講する。2002年フランス・マレーシア親善演奏会出演。第17回大倉山水曜コンサート新人演奏会出演。近年は室内楽、録音、邦楽器とのコラボレーション演奏など活動の幅を広げつつ、後進の指導にもあたる。



佐々木さえ子 (ヴァイオリン)→レッスン料はこちら

武蔵野音楽大学卒業。
ヴァイオリンを井崎郁子、山中光の各氏に師事。卒業後、ヤマハ音楽教室などで講師活動を行う。出産後、みみミュージックにて講師活動再開。現在流山市在住。



大場 梓 (ヴァイオリン)→レッスン料はこちら

国立音楽大学卒業。
卒業後は室内楽を中心に、パーティー・結婚式・イベントでの演奏のほか、ミュージシャンのサポート演奏で、音楽番組・LIVE・スタジオ録音などに参加するなどの活動をしている。2005年より大学時代の仲間と弦楽アンサンブル「奏 KANADE」を結成。定期的に演奏会を企画し、活動の場を広げている。

http://dolce.suichu-ka.com/



染谷亜紗子 (ヴァイオリン)→レッスン料はこちら

東京音楽大学在学中。
これまでにヴァイオリンを石崎俊子、荒井英治の各氏に、室内楽を荒井英治、店村眞積、苅田雅治の各氏に師事。学内オーディションを経て、バイエルン州立青少年オーケストラ2016夏期演奏旅行参加。第15回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第5位。第21回日本クラシック音楽コンクールファイナリスト。





城戸春子 (チェロ)→レッスン料はこちら

東京藝術大学及び同大学院修了。
98-02年、東京藝術大学室内楽の非常勤講師を勤める。フランス、セルジーポントワーズ音楽院卒業、オーヴェルビリエ音楽院のディプロム取得。フランス・パリのユーロセントル、音楽の友ホール(東京)、南麻布セントレホール「コンサートシリーズ Nr.12」、水戸芸術館にてリサイタル開催。札幌ジュニアチェロコンクール特別奨励賞受賞。第24回茨城県新人賞受賞。室内楽では、国際芸術連盟新人推薦コンサート出演。東京室内楽コンクール入賞。現在、水戸第三高等学校音楽科、取手松陽高等学校音楽科、聖徳大学附属女子高等学校非常勤講師。東京国際フランス人学園でも指導に当たっている。



神谷美智子 (チェロ)→レッスン料はこちら

武蔵野音楽大学卒業。
チェロを川出三和子、鈴木康史、クレメンス・ドル各氏に師事。また、室内楽をシャンドール・ナジ、クレメンス・ドル、鈴木康史各氏に師事。桜ヶ丘高校音楽科卒業演奏会、武蔵野音楽大学選抜者による室内楽の夕べ、武蔵野音楽大学愛知県むさしのコンサート、桜ヶ丘高校音楽科卒業生によるMGTコンサートなど多数出演。現在、TJK音楽教室、東京、山梨県甲府市にて後進の指導をしながら、オーケストラエキストラ、結婚式などの招待演奏、ミュージシャンのサポート演奏、チェロアンサンブル、ピアノトリオなどの室内楽で精力的に演奏活動中。




岡本孝慈 (ピアノ)→レッスン料はこちら

東京藝術大学及び同大学院修了。
ドイツのデトモルト音楽大学修了。その間伴奏助手を兼任。NHK洋楽オ−ディション合格 。ワイマールの第1回フランツ・リスト国際ピアノ・コンク−ル入賞。平成17年度札幌文化奨励賞、平成23年度道銀芸術文化奨励賞受賞。札幌大谷大学芸術学部特任教授。(株)エルム楽器特別講師。



山本朱美 (ピアノ・リトミック)→レッスン料はこちら

東京音楽大学卒業。
7年間の会社勤務を経て現職。二児の母、子育て真っ只中。リトミック千葉第一支局にて研修。リトミック講師。高知県宿毛市出身。




菊地枝里香 (ピアノ)→レッスン料はこちら

札幌大谷大学卒業。
在学中、数々のコンクールにて入賞、学内演奏会等に出演。大学時代にバロック音楽研究会(旧コラール同好会)を設立し、演奏会を定期的に企画・運営・出演しながらチェンバロ演奏にも触れる。卒業後、各国を巡りながら演奏を行い、国際交流を行ってきた。帰国後、札幌の音楽事務所にピアニストとして勤務する傍ら、伴奏ピアニストとしても活動を行う。これまでにイシュトヴァーン・ラントシュ、小林仁の各氏にレッスンを受け、長谷部美恵、秋元恵理子、岡本孝慈の各氏に師事。アンサンブルグループ「nike(ニケ)」専属ピアニスト。札幌大谷高等学校音楽科同窓会ペオニア会員。元札幌国際プラザ通訳ボランティア(ドイツ語)会員。札幌出身。結婚を機に千葉県に移住し、現在、松戸市在住。




宗形くみ (ピアノ・声楽)→レッスン料はこちら

東京学芸大学卒業。
ピアノを三橋祐子、徳川眞弓の各氏に、声楽を宗片透子、勝部美智子の各氏に師事。数多くの歌のソロリサイタルや合唱の伴奏活動を主に行う。足立区主催のチャリティコンサート「葦の会」に定期的に出演。2014年8月シティコンサートに出演。定期的に病院内コンサートに出演し、ピアノソロ、弾き語りを務める。女性合唱団プリムローズ専属ピアニスト。




加藤識実 (ピアノ)→レッスン料はこちら

武蔵野音楽大学及び同大学院修了。
第4回日本演奏家コンクール第3位、第15回ヤングアーチストピアノコンクール銀賞等受賞。これまでにソロリサイタル、オーケストラとの共演の他伴奏も多く、N響メンバーとの共演や、二期会ブロック活動等を行う。2013年フルートとピアノの為の「旅人」をCDリリース。郡山女子短大音楽科に勤務後、現在は埼玉在住。





西村 葵 (フルート)→レッスン料はこちら

武蔵野音楽大学卒業。
茨城県龍ヶ崎市出身。W.シュルツ氏の薦めにより、渡欧。2018年にウィーン国立音楽大学演奏学科を卒業し、同大学院にて修士を取得。ドイツのクーラウ国際フルートコンクールのトリオ部門で第2位。2017年、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の夏のアカデミーに合格し、ザルツブルク音楽祭に参加、オペラ「ヴォツェック」に出演。これまでにフルートをワルターアウアー(現ウィーンフィルハーモニー交響楽団首席奏者)、故・ヴォルフガング・シュルツ、吉岡アカリ、荒川洋、小林美香の各氏に、室内楽を岡崎耕治、G.ポコルニー、ピッコロをレナーテ・リノートナー、フルート・トラヴェルソをゲルトラウド・ヴィンマーの各氏に師事。現在はフルート演奏だけでなく、コンサートの企画・運営、後進の指導、ピッコロ、フルート・トラヴェルソ(古楽)の演奏も積極的に行っている。





橘 秀樹 (オーボエ)→レッスン料はこちら

東京音楽大学卒業。
梅原美男、虎谷迦悦両氏に師事。在学中の1978年、東京文化会館推薦演奏会に出演。日本フィルハーモニー交響楽団に8年間在籍の後フリーの演奏者としてい現在に至る。地元を中心とした地域で音楽活動、又アマチュアのオーケストラの指導も行っている。オーボエリード工房【アトリエ葦の音】、【橘音楽教室】主宰。また合唱団の指導を行う等ヴォイストレーナーも行っている。





猿渡慶子 (クラリネット)→レッスン料はこちら

尚美学園短期大学卒業。
クラリネットを鎌田広、木村健雄の各氏に師事。2003年イタリア・リーバデルガルダ夏期セミナーでアレッサンドロ・カルボナーレ氏に師事。




鈴木結佳 (クラリネット)→レッスン料はこちら

武蔵野音楽大学卒業。
同大学卒業演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。ドイツ国立ヴュルツブルク音楽大学大学院修了。ドイツ国家演奏家資格を取得。ミュンヘン放送管弦楽団奨学生及びオーケストラアカデミー修了。2006年〜2010年ヴュルツブルク室内管弦楽団クラリネット奏者として数多くの演奏会に出演。これまでにクラリネットを磯部周平、山本正治、ヴェンツェル・フックス、ウーリッヒ・ヴーリッツァーの各氏に、Esクラリネットをアーミン・ツィークラー氏に師事。室内楽を甲斐道雄、青山聖樹の各氏に師事。現在、オーケストラ、吹奏楽、室内楽、レコーディング等の演奏活動の他、後進の指導にもあたっている。みみミュージック講師。洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団団員。洗足学園音楽大学演奏要員。





黒田尚宏 (ファゴット)→レッスン料はこちら

武蔵野音楽大学中退。
ファゴットを、岡本正之、吉田将、井上俊次各氏に師事。現在は、ファゴットを教える傍ら、吹奏楽(中学校、市民バンド)のバンド指導等も努める。





梅田和徳 (ホルン)→レッスン料はこちら

洗足学園大学卒業。
福島県南相馬市出身。ホルンを13歳からはじめる。室内楽を千葉直師、酒井秀明、両氏に師事。ホルンを安原正幸、笠松長久、各氏に師事。卒業後フリー演奏家としてオーケストラ、室内楽を中心に活動を行う。その後、音楽教室をもつホテルに入社、フロント業務、リトミックアシスタントを6年間勤める。近年、福島に戻りバンド指導を中心に音楽活動を始める。しかし、3/11の東日本大震災により被災し、柏市南増尾に移住。





相馬伸恵 (トランペット)→レッスン料はこちら

尚美学園大学を首席で卒業、同大学院修了。
小学校4年生からトランペットを始める。卒業優秀者演奏会、ヤマハ新人演奏会に出演。現在、関東を中心にフリー奏者として演奏活動を行う。また、多くの小・中・高校吹奏楽部の指導も行っている。これまでにトランペットを神代修氏に師事。青森県出身。




宮下 舞 (サクソフォン)→レッスン料はこちら

洗足学園大学卒業。
在学中、2006年度特別選抜演奏者に認定され特別選抜演奏者によるジョイントコンサートに出演。また、室内楽試験において優秀な成績を収め、第12回室内楽コンサート(みなとみらいホール)、2009年JTアートホール期待の音大生によるアフタヌーンコンサートに出演。第4回ジュニア管打楽器コンクール第1位。第3回大阪国際コンクール入選。これまでにサクソフォーンを冨岡和男、貝沼拓実、佐藤典夫、鈴木英之の各氏に、ピアノを佐々木恵子、武田美和子、吉岡正枝の各氏に、ソルフェージュを佐々木邦雄氏の各氏に師事。千葉県野田市出身。



鈴木博子 (サクソフォン)→レッスン料はこちら

洗足学園大学卒業。
中学校入学時に吹奏楽部に入部し、サクソフォーンと出会う。中学・高校と吹奏楽漬けの日々を送り、その後大学に進学。これまでにサクソフォーンを古溝徹、大和田雅洋、冨岡和男の各氏に、室内楽を服部吉之、冨岡和男の各氏に師事。卒業後は、後進の指導にあたる傍ら、演奏会、イベント、パーティーなどでの演奏活動をしている。会津演奏家連盟会員。福島県出身。





〒270-0163 千葉県流山市南流山4丁目14-24 Tel/Fax 04-7138-5324 E-mail mimi-music@m8.dion.ne.jp

Copyright (C) MIMI MUSIC All Rights Reserved.